漢方薬でむくみを解消

むくみの解消には、医薬品が有効とされていますが、漢方薬にも同じような効果が期待できます。漢方薬は、自然界の動物や植物、貝類などから採取される生薬を原料としており、複数の生薬を組み合わせることで漢方薬が作られます。そのため、組み合わせる生薬の種類によっては、むくみ以外の症状の改善も期待できます。

漢方において、人体は「気」、「血」、「水」で成り立っているとされており、このバランスが崩れることで体調不良や病気などが起こると考えられています。「気」は身体を支える原動力であるエネルギーのことを指し、「血」は栄養を全身に届けて機能を維持するもの、「水」は摂取した食べ物や飲み物の水分を適切な形で身体に取り組む役割を果たしているとされています。

むくみは、「水」が滞るとともに「気」が不足しているものと考えられています。つまり、身体を動かす原動力であるエネルギーが不足しているとともに、水分の消化吸収の機能が衰えているということです。西洋医学における医薬品は細菌やウイルスを排除するといったものですが、漢方薬は身体の機能を高めるというものです。

そのため、少しの体調不良であっても、気軽に漢方薬を服用できます。むくみの改善に医薬品を使うケースは限られているので、一度漢方医に相談するのも良いかもしれません。

漢方はドラッグストアでも購入できますが、胃腸が弱い方が特定の生薬を使用した漢方薬を服用すると、胃腸の機能がさらに低下する恐れがあります。そのような薬を飲み続けることで、症状が改善しにくくなる場合もあるので、できるだけ漢方医に相談しましょう。ここでは、むくみの解消効果が期待できる漢方薬をご紹介します。

五苓散(ごれいさん)

五苓散は、猪苓(ちょれい)、沢瀉(たくしゃ)、茯苓(ぶくりょう)、白朮(びゃくじゅつ)、桂皮(けいひ)が配合されています。身体の機能を高めることで、過剰な水分の排泄を促すとされる漢方薬です。喉が渇くために水分を摂取するものの、尿量が少なくてむくみやすいという場合に効果的とされています。

特にお酒を飲んだ次の日のむくみに有効とされますが、二日酔いに対してもよく使われます。これは、血行を改善させて頭痛やめまいを解消する効果も期待できるためです。

防已黄耆湯(ぼういおうぎとう)

防己黄耆湯は、防已(ぼうい)、黄耆(おうぎ)、白朮(びゃくじゅつ)、大棗(たいそう)、甘草(かんぞう)、生姜(しょうきょう)が配合されています。消化吸収をサポートしつつ過剰な水分の排泄を促します。胃腸の機能が高まることによってエネルギーの合成と消費が促されたり、余分な水分が排泄されやすくなります。

それほど食事量が多くなくても太る場合は、消化吸収の機能が低下している可能性があります。水太りをしたり疲れやすかったりする人に向いています。

当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)

当帰芍薬散は、当帰(とうき)、川芎(せんきゅう)、茯苓(ぶくりょう)、沢瀉(たくしゃ)、芍薬(しゃくやく)、白朮か蒼朮(そうじゅつ)が配合されています。生理など女性特有の症状に対して使われることが多いです。全身のむくみがあり、なおかつ冷え性や貧血があったり、軽いめまいや動悸が起きたりする場合には、当帰芍薬散が役立つとされています。

防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)

防風通聖散は、滑石(かっせき)や甘草をはじめとした18種類もの生薬を配合して作られています。十分に体力があり、なおかつ腹部の皮下脂肪が多い場合にみられるむくみや便秘、肩こり、のぼせ、ニキビなど様々な症状に効果が期待できます。稀に重篤な副作用として、次のような症状が現れる可能性があります。

・間質性肺炎
少し運動するだけで息切れを起こしたり、息苦しくなったりします。また、空咳や発熱などの症状が急に現れたり、長く続いたりします。

・偽アルドステロン症、ミオパチー
手足のだるさやツッパリ感、こわばり、脱力感、筋肉痛などの症状が現れ、少しずつ強くなります。

・肝機能障害
黄疸や発熱、発疹、褐色尿、全身倦怠感、食欲不振などが起こります。

このような症状が現れた場合は、服用を中止して医師に相談しましょう。また、便秘や下痢を起こした場合には、医師や薬剤師、登録販売者などに相談してください。

真武湯(しんぶとう)

真武湯には、茯苓、芍薬、蒼朮、生姜、附子末(ぶしまつ)が配合されています。新陳代謝が低下すると、全身の冷えやめまい、疲れやすいといった症状が現れます。このような場合に役立つのが真武湯です。慢性胃腸炎や胃腸機能の低下、過敏性腸症候群などによって便秘や下痢などの胃腸症状が現れている場合に使用されます。

また、水分が滞っている状態を改善するのにも役立つとされているため、むくみにも効果が期待できます。このような症状は低血圧で起こりうるのですが、高血圧によって起こることもあります。

 ページの先頭に戻る