妊娠中のむくみ

妊娠中には、むくみやすくなりますが、これには胎児が育つ過程で起こる現象が関わっています。妊娠中は、つわりなどで心身に負担がかかりやすいので、無理をせずにむくみを解消させることが大切です。ここでは、妊娠中のむくみの原因や解消法などについてご紹介します。

妊娠中のむくみの原因

妊娠中にむくみやすくなるのには、血液量の増加や胎児の成長に伴う骨盤の圧迫、妊娠中に起こりうる病気などが関係しています。病的なむくみかどうかを知るためにも、むくみが強い場合は医師に相談した方がよいでしょう。

血液量の増加

妊娠中は、胎児により多くの酸素と栄養を送り届けるために血液量が増加します。また、妊娠中は血液中の赤血球などは増えず、血球以外の血漿(けっしょう)だけが増加するため、血液が薄まってしまいます。そうすると、血管の内側と外側の濃度を均等に保つために、血漿が血管の外へと漏れ出てむくみに繋がります。

大きくなったお腹が骨盤を圧迫するため

胎児の成長とともに骨盤にかかる負担が大きくなります。妊娠後期にもなれば、大きくなったお腹によって足の付け根が圧迫されて、リンパの流れが悪くなります。その結果、足に水分が溜まりやすくなります。このような状態で立ち仕事や炊事などをしたり、疲れを溜めたりすると、より一層むくみが強くなります。

しかし、お腹が重たいからと言って座ってばかりいても、股関節が曲がってむくみやすくなります。さらに、運動不足によって足の筋肉が弱くなっていると、足へと送られた血液を心臓へと戻すポンプ作用が低下するため、足に余分な水分が溜まってむくんでしまいます。

このように、お腹が大きくなることで様々な問題が起こり、むくみやすくなるのです。

妊娠高血圧症候群

妊娠高血圧症候群は、高血圧やむくみ、尿蛋白など様々な症状が現れる状態で、妊娠後期に起こりやすいといわれています。これまでは、むくみや高血圧、尿蛋白などの症状がなかったとしても、妊娠後期になると、突然症状が現れるようになります。

妊娠高血圧症候群の状態では、血管が収縮して血流が悪くなります。その結果、胎児への酸素と栄養の供給が悪くなり、様々な問題が起こる可能性があります。そのため、できるだけ早く発見して対処しなければなりません。

急にむくみが強くなったり、むくむ部位が増えた場合には妊娠高血圧症候群の可能性があります。特に、急激な体重増加や頭痛などの他の症状を合併する場合には注意しましょう。このような場合は、妊婦検診を待たずに医師の診察を受けることが大切です。血圧測定などの検査を行うことで、妊娠高血圧症候群を診断できます。

妊娠中のむくみの解消法

妊娠中は心身ともにデリケートな状態であるため、身体に負担がかからない解消法を行いましょう。また、途中で体調が悪くなった場合は、すぐに中止して安静にしてください。

適度な運動

胎児の成長に伴ってお腹が大きくなると、1日中自宅で座りっぱなしの生活をしてしまうこともあるでしょう。出産のときには体力を大きく消耗するので、出産に備えて日ごろから軽い運動をしておくことが大切です。ジョギングや水泳のような激しい運動ではなく、1日20~30分程度のウォーキングを行いましょう。

軽い運動によって新陳代謝が高まり、血流が促進されることでむくみが解消される可能性があります。

食生活の改善

できるだけむくみにくい食生活を心がけましょう。塩分の摂りすぎがむくみに繋がるので、塩分を多く含むインスタント食品や外食は控えることをおすすめします。目安として、1日10g以内の塩分摂取に留めましょう。塩分を摂りすぎてしまったときは、塩分の排出を促すカリウムを含むりんごやバナナ、ナスやキュウリなど野菜や果物を摂ることが大切です。

リンパマッサージ

身体の外側から刺激を与えることで、リンパの流れを促せる可能性があります。むくんでいる部分をマッサージしましょう。足のマッサージでは、足首に両手の親指以外の4本の指を添えて、親指は足の両側に添えます。強く押しすぎないように注意しつつ、気持ちが良いと感じる程度の強さで膝に向かってさすってください。自分でマッサージすることが難しい場合は、パートナーにしてもらうとよいでしょう。

マッサージを毎日することで、むくみが急激に強くなっていないかもチェックできるので、妊娠高血圧症候群の早期発見にも繋がります。

質の高い睡眠

妊娠中は、大きくなったお腹によって身体の重心が変化するため、バランスをとりながら動くことに体力を消耗します。また、生活の環境の変化などによるストレスがかかるなど心身の負担が大きくなります。そのため、質の高い睡眠を心がけて、心身の状態を回復させることが大切です。

寝る前にスマホの画面を見るなど刺激を受けると睡眠の質が悪くなります。また、寝る直前に食事を摂ることも胃が活発に動くことで眠りにつきにくくなることに繋がります。このような睡眠の質を落とすことを避けましょう。

また、むくみの解消には、就寝時に足を10~15cm程度上げて寝るのが効果的ですが、高く上げすぎると逆に血流が悪化して身体が冷える場合があるので注意しましょう。

 ページの先頭に戻る