むくみ解消に効果的な食べ物・飲み物

むくみ解消には様々な方法がありますが、中でも高い効果が期待できるのが食生活の改善です。普段からむくみにくい状態を作ることが、むくみの予防と解消に繋がります。ただし、食べ過ぎることで別の問題が起こる恐れがあるので注意が必要です。ここでは、むくみ解消に効果的な食べ物と飲み物を紹介します。

むくみに効果的な食べ物

普段からむくまないように食生活に気をつけることが大切です。むくみに効果が期待できる食べ物を積極的に摂ることで、むくみにくくなったりむくみが改善されたりする可能性があります。特に、デスクワークや立ち仕事など、むくみやすい生活をしている場合は、より一層食べ物をしっかり選ぶようにしましょう。

バナナ
バナナには、むくみや高血圧の原因となる過剰なナトリウムや老廃物の排泄を促すカリウムが豊富に含まれています。カリウムは生命維持に必要な必須ミネラルの一つであるため、意識的に摂ることが大切です。
納豆
カリウムやビタミンB6、大豆サポニンなど、むくみに効果が期待できる栄養が豊富に含まれています。サポニンには、尿量を増やしてナトリウムや老廃物の排泄を促す効果の他、悪玉コレステロールの排出を促す効果も期待できます。女性ホルモンのエストロゲンと似た働きを持つ大豆イソフラボンも含まれており、生理前の不快症状の軽減にも役立ちます。
プルーン
カリウムの他に、抗酸化作用を持つポリフェノールが含まれています。むくみの改善に効果が期待できますが、糖質を多く含むので摂りすぎに注意が必要です。
きゅうり
利尿作用や便通改善効果が期待できるイソクエルシトリンが含まれています。イソクエルシトリンは葉緑素の一種で、きゅうりの緑色の成分です。
スイカ
スイカの90%は水分でできているため、水分不足によって起こるむくみの改善に役立ちます。また、強い利尿作用を持つアミノ酸の一種であるシトルリンが含まれているため、むくみの改善が期待できます。さらに、尿量を増やすとともに悪玉コレステロールの排出を促すサポニンも含まれています。
小豆
サポニンとカリウムの両方が豊富に含まれているため、高いむくみの改善効果が期待できます。お茶にして飲むと、むくみの改善と予防の両方の効果が得られるといわれています。小豆を日常的に食べることは現実的ではないので、お茶にする方法を選ぶとよいでしょう。
アーモンド
血流を促したりホルモンバランスを整えたりする作用があるビタミンEが豊富に含まれています。血流が促されることで水分が溜まりにくくなり、むくみの予防に役立ちます。また、代謝を高めることによってむくみの改善も期待できます。さらに、老廃物の排出を促進させることで細胞の酸化を防ぐ働きもあるため、肌の調子が整いやすくなるという効果もあります。

むくみに効果的な飲み物

水分の摂りすぎはむくみに繋がりますが、水分が不足してもむくみます。過剰なナトリウムの排泄を促すことで、身体の水分量を適正に保たせるカリウムを意識的に摂りましょう。カリウムは、お茶やハーブティーなどに多く含まれています。

逆に、糖質を多く含む炭酸飲料やジュース、身体を冷やして血行不良を招く冷たい飲み物は、むくみを悪化させてしまうので飲み過ぎに注意しましょう。

むくみの原因となる食べ物・飲み物

むくみの原因となる食べ物と飲み物を控えることで、むくみにくい状態を作ることができます。また、むくんだとしても簡単に解消できる程度で済むようになるでしょう。塩分を多く含む食べ物やアルコールを含む酒類の摂取を控えましょう。

塩分を多く含む食べ物を摂ると、身体が水分を取り込んでナトリウム濃度を下げようとするため、喉が渇きます。体内のナトリウム濃度が高い状態では、水分の排泄が抑制されるため、余計な水分が溜まってむくみとして現れます。

アルコールに関しては、血管透過という現象によって水分が血管の外側へと漏れ出てむくむようになります。血管透過とは、血管の中にある水分やタンパク質などが血管の内外を行き来する現象のことです。また、アルコールを摂ると加水分解が起こります。加水分解には水分が必要であるため、身体に水分が溜め込まれるようになります。

さらに、アルコールの摂取によって尿の排泄を抑える抗利尿ホルモンの働きが低下して、必要以上に水分が排泄されてしまい、脱水症状が起こります。この状態では、血管内の水分が失われているため、すでに身体に溜まっている水分の排泄が抑えられてむくむようになります。

仕事上の付き合いや暴飲暴食などで、塩分を多く含む食べ物や酒類を摂りすぎた場合には、カリウムを多く含む食べ物や飲み物を摂りましょう。

 ページの先頭に戻る