産後のむくみ

産後は、妊娠によって変化した身体が元に戻ろうとします。それにより、身体がむくみやすくなります。また、赤ちゃんが生まれたことによって生活が変化し、むくみやすくなることもあります。このような原因に合わせて適切に対処すれば、産後のむくみを改善できるでしょう。ここでは、産後のむくみの原因と解消法をご紹介します。

産後のむくみの原因

産後は、体内の水分のバランスが乱れています。また、赤ちゃんの授乳や抱っこなどによって生活スタイルも変化します。主に、これらの原因で産後にむくみやすくなると考えられています。

体内の水分量の変化

妊娠中は、胎児により多くの血液を供給するために、血液量が約1.5倍にもなります。しかし、産後には過剰な水分の多くが排出されるため、水分のバランスが急激に崩れてしまいます。すると、水分の排出を止めようと身体が水分を必要以上に溜め込むようになり、むくみやすくなります。

また、授乳によって身体の水分が少なくなり、十分に水分補給をしないでいると身体が水分を溜め込もうとします。このように、2つの理由で水分量が変化することで、結果的にむくみが起きやすくなります。このうち、授乳による水分不足は水分補給で予防できます。

産後の生活スタイルの変化

授乳は座ったまますることが基本であるため、下半身に水分が溜まりやすくなり、むくんでしまいます。このような現象は、赤ちゃんを抱っこしたり、夜間の授乳やオムツ交換などで起きている時間が長くなったりすることによっても起こります。

また、産後は育児のために自宅にいる時間が増えることで、運動不足になり、心臓に血液を押し戻す足の筋力が低下して、血流が悪くなります。血流が悪くなると、過剰な水分が足に溜まってむくむようになります。

さらに、過度な疲労やストレスも血行不良を招き、身体を冷やしてむくみに繋がります。慣れない育児に追われることで、どうしても疲労やストレスが溜まるので、家族に協力してもらって心身の疲れを解消させましょう。

産後のむくみの解消法

産後は身体が元に戻ろうとしている段階であるため、まだまだ本調子ではありません。そのため、身体に負担をかけないような解消法を実践することが大切です。産後約1ヶ月は湯船に浸かることができないので、身体が冷えやすくなります。

たらいや洗面器に湯を張って足湯をするだけでも血行が良くなるでしょう。10分程度かけて足を温めるのがおすすめです。また、その後に冷たいシャワーを足にかけると血管が収縮して、血流が促されます。また、着用するだけで血流が促される着圧ソックスを穿くのもおすすめです。

このように、身体への負担が少ない方法を選びましょう。

食生活の改善

塩分を多く含む加工食品や外食はできるだけ控えましょう。塩分の摂取を控えるとともに、塩分の排出を促すカリウムを含むかぼちゃやキュウリ、トマト、じゃがいも、小豆、リンゴ、バナナ、海藻類やきのこ類などを意識的に摂りましょう。また、ビタミンやミネラルなどもむくみの改善に役立ちます。

育児に追われることで自炊をすることが難しい場合には、おかずを作り置きしておくなど工夫しましょう。

玄米にもカリウムが豊富に含まれており、栄養バランスも良いのですが、母乳の質を悪くする恐れがあるので摂りすぎに注意が必要です。また、糖質も水分の排出を阻害して身体に溜め込むため、甘い物を食べ過ぎないようにしましょう。ストレスが溜まると過食に走ってしまう場合は、適度な運動やマッサージなどでストレスを解消させてください。

足を高くして横になる

授乳を座った状態ですることにより、下半身がむくみがちになります。授乳をしていないときには、横になってむくみを解消させましょう。足の下にクッションや座布団などを敷いて、約10~15cm床から足を上げて横になると血流が促されてむくみが改善されやすくなります。

足を高く上げすぎると足の付け根が圧迫されて血流が悪くなるので注意しましょう。

適度な運動

産後は育児に追われることで外出の機会がどうしても減ってしまいます。そのため、ストレッチや軽い散歩などできる範囲で運動をすることが大切です。体調が悪くなった場合は運動をやめて安静にしましょう。無理な運動は心身に負担がかかります。

マッサージ

産後は足がむくみやすくなるので、次のような方法で解消させましょう。

(1)仰向けに寝て両膝を立てます。
(2)片足のふくらはぎを反対側の膝の上に乗せます。
(3)膝でふくらはぎをマッサージするイメージで押し付けながら上下に動かしてください。
(4)マッサージによる痛みが和らいだら、反対側の足も同様に行います。

マッサージは横になったついでにできるので、積極的に行うことをおすすめします。むくみの解消法を全て試しても、むくみが必ず解消されるとは限りません。非常に強いむくみが続くのであれば、一度医師に相談した方がよいでしょう。

 ページの先頭に戻る